PROFILE

おおはし   こうた

大橋 幸太Northeastern University '20

BSAJ代表

東京都出身。幼稚園から小学校までは区立の学校に通う。中学校から、親の勧めと、世界に友達の輪を広げたいという理由で、米国ニューハンプシャー州のCardigan Mountain Schoolに7年生から9年生まで在籍しました。それからNorthfield Mount Hermon Schoolに進学し、現在はNortheastern Universityの大学生です。中学に入るまでは全然英語ができなかったものの(Hi my name is Kota, please call me Kotaぐらいしか…)、アメリカにいるうちに少しずつ人が何を言っているか分かるようになり、「学ぶ」という楽しさと、自分一人でも色々できるんだという自信がつきました。もし何か助けになれるようなことがあればいつでも声をかけてください!

 はやみ   ななせ

速水 七星Bowdoin College '22

BSAJ代表

幼稚園から高校1年の1学期 まで都内の私立に通い、渡米前まで海外在住経験はありません。中学1年生で参加したスイスのサマースクールで、初めて英語での授業を受け、他の国の生徒の積極性と先生の熱意に刺激を受けました。この経験がきっかけで、ボーディングスクール留学を中学3年生の夏に決意。米国ニューヨーク州のEmma Willard Schoolに進学しました。BSAJの活動を通して、 ボーディングスクール進学を一つのオプションとして紹介し、少しでも多くの方々にボーディングスクールの魅力と情報を提供していきたいと思っています。また、ボーディングスクールで学んだことを生かして、様々なイベント、ワークショップを企画していこうと思っています。

たかはし     みのり

髙橋 美乃李American University '20

愛知県出身。高校1年生まで地元の小中高に通い、高校2年から米国ペンシルバニア州の全寮制高校、Perkiomen Schoolに転入。現在は、ワシントンD.C.のAmerican University2年生で、Business Administration、主に経営学と金融を専攻予定です。ボーディングスクールに転入したきっかけは、ボーディングスクールという日本では耳にしたことのない教育の場に興味が湧き、さらに、各国からくる優秀な学生と共に生活をし、違った文化を肌で感じたかったからです。2年間を通して、英語だけでなく、人としても大きく成長することができました。自分の経験を生かし、首都だけではなく、地方の学生にもボーディングスクール留学というものを広めていきたいです。

   そうとめ       さとか

五月女 仁香東京大学経済学部 '20

東京生まれ、東京育ち。中学2年の時に音楽の授業でハイスクールミュージカルを観たのをきっかけに、在籍していた中高一貫校を高2の6月で中退し、アメリカコロラド州のボーデイングスクールを卒業しました。現在は、東京大学経済学部の2年生です。一年弱ほどかかって両親の許可を得た末、経験することのできたアメリカのハイスクール生活のおかげで、一度の人生、思い切って好きなことをやってみようと行動しやすくなりました。何事にトライするにしても、うまくいく保証はないけれど、やらないで後悔するよりどんな結果でもやってみたらそれなりの楽しみがあります。高校留学に関しても、興味のある方が決断に踏み切れるお手伝いができればいいです。

  たむら     じゅり

田村 珠理東京大学文科一類 '21

東京生まれ。7年生まで日本にあるインターナショナルスクールに通い、その後日本の桐蔭学園中学校に進学しました。Choate Rosemary Hallの卒業生が先生として中学にいたこともあり、外国で勉強したいと思い、受験を決意しました。高校の3年間をChoateで過ごした後、今年から東京大学の文科一類に進学しました。ボーディングスクールでの自分の経験からもっと多くの日本人学生にもまた視野が広がる貴重な体験してもらいたいです。

 きはら   かのん

木原 歓音Carnegie Mellon University '21

山口県出身。小学校6年生まで県内の市立小学校に通った後、中学1年生の9月から米国コネチカット州のRumsey Hall Schoolというジュニアボーディングスクールで3年間を過ごしました。その後、同じ州内のChoate Rosemary Hallに在学しました。現在はペンシルバニア州のCarnegie Mellon Universityに在学しています。ボーディングスクールに通う一番のきっかけとなったのは2011年の福島第一原子力発電所事故です。アメリカの大学でエンジニア専攻をするためにボーディングスクールで様々な基本知識を培おうと決意しました。これから日本が海外との交流を保つためにも、日本人生徒さん達に留学という選択肢を広めていきたいです。

   くぜ     まゆみ

久世 眞由美Choate Rosemary Hall '19

2016年9月より、米国コネチカット州のChoate Rosemary Hallに在学しています。それまでは、都内の成蹊高校に通っており、海外在住経験は一切ありませんでした。中学3年生の夏、Choateのサマープログラムに参加したことをきっかけに、高校での留学に興味を持ち、学内で募集されていた長期留学プログラムに応募しました。海外で暮らしたことがなかったからこそ、全く違う環境に飛び込んだ後に得たものはとても大きかったので、自分の経験を伝えていくことで、留学に興味を持っている日本の高校生のサポートができればと思います。

やまもと    りんたろう

山本 麟太郎Suffield Academy '19

幼稚園から中学二年生の夏まで品川区立の小中学校に通っていました。父の知人の紹介によりボストン郊外のThe Fessenden Schoolに7年生として転入しました。2017年より10年生としてコネチカット州にあるSuffield Academyに在学しています。現在日本で大多数の教育機関が行なっているペーパーテストで点が取れる人材育成システムに疑問を持ち始めて以来、自身で社会から問題を見つけ出し、考え抜く力を持つ人材育成環境、ボーディングスクールという進学先に魅力を感じました。ボーディングスクールは未来の日本でリーダーとして必要とされるであろう個性的かつ多面的なリーダーの育成に秀でた環境を備えていると確信しています。沢山の方々にボーディングスクールを知っていただき、一人でも多く今後の日本を築いていく仲間ができること目指しています。また、このBSAJを通じてボーディングスクールという選択肢が日本の教育システムの一環になることを実現したいと思っています。

たかはし     みき

高橋 美貴The Governor's Academy '19

東京生まれ。幼稚部、小学部と玉川学園に在籍する。小5からの6年間、都内のインターナショナルスクールに通い、2年前からアメリカ、マサチューセッツ州のThe Governor’s Academyに新10年生として進学。現在、高校三年生です。私がボーディングスクールに興味を持ったきっかけは、友人のボーディングスクール受験を知ってからでした。その夏、某ボーディングスクールのサマースクールに参加し、生徒のポテンシャルを第一に考えた教育システムと設備を経験し、これだ!と思い留学を決意しました。日本の教育、インターナショナルスクールでの教育、アメリカのボーディングスクールでの教育を経験した私だからこそお伝えできる事があると思います。

  あべ     ゆうすけ

阿部 佑亮Choate Rosemary Hall '21

愛媛県生まれ。幼稚園から小学校6年生まで日本のインターナショナルスクールで学ぶ。小5の夏休みに知り合いが通っていたジュニアボーディングスクールのサマープログラムに参加し、アメリカで暮らすことの楽しさを知る。この経験から、より面白い学校生活を送りたいと考え、中学一年生の夏にマサチューセッツ州にあるThe Fessenden Schoolに転校。その後、高校一年生からChoate Rosemary Hallに在学中。BSAJを通して日本に住んでいるいろいろな方々にボーディングスクールの事を知っていただき、ボーディングスクールというものをより身近に感じてもらえればと思っています。

そん ちゃんみん

宋 章民Suffield Academy '21

東京出身。在日のコリアンとして生まれ小学校から中学一年生までコリアンスクールに通いました。その後マサチューセッツ州にあるThe Fessenden Schoolに7年生として入学、卒業しました。現在はコネチカット州にあるSuffield Academyに在学中です。自分はBSAJを通して自分一人ではできないことをやってみたいと思いBSAJに入りました。ボーディングスクールで得られる経験を色んな方々に伝えられたら嬉しいです。

CONTACT

背景画像提供: St. Paul's School